ヒューマンアニマルボンド

人間と伴侶動物、家庭動物の絆のことを「ヒューマンアニマルボンド」と一般的に呼びます。

これは絆そのものではなく、その絆が人間社会や動物の双方にもたらす影響なども含めることも多いそうです。

動物がいることで人間にとっても良い影響を与えられることが認められていて、実際に精神的な健康を増進する目的で医療現場にも応用されているそうです。

僕は半年前に学生の頃から一緒に暮らしていた愛犬を亡くしました。

とても悲しくてこんな思いをするのであればもう動物を飼えないと思っていました。

けど年末に縁があって新しいコを迎える決心をしました。

以前飼っていたコと同じコーギーで名前はガンテツをいいます。

ガンテツが来てからまた散歩に行くようになり近所の人とも以前のように顔を合わせるようになりました。

家庭での会話や人どうしの交流も動物がいることで助けられている部分が大きいのではないかと実感しました。

愛犬や愛猫を亡くしてしまった飼い主さんにも悲しい経験から動物を飼えなくなってしまう方が多いですが、そういった経験を乗り越えて新しいコを迎えてほしいと思います。

スクリーンショット 2017-01-23 13.22.31

スクリーンショット 2017-01-23 13.21.16